介護の本

無料ブログはココログ

カテゴリー

  • 介護
  • 日記・コラム・つぶやき

« 落日の中で | トップページ | 怒りを通り越してしまうと・・・ »

2009年3月26日 (木)

自分を知るために

あまりにも絶望が当たり前すぎて、あまりにも虚しさが当然過ぎて

ちゃんと歩いているのかさえ見えなくなるのです

僕は何処に行こうとしているのか

進むべき道は見えているのか


毎日、毎日、毎日・・・

絶望が日々を襲う・・・

僕はいつまで立っても老人の持つ、当たり前の世界を護れずにいる・・・

そして諦めそうになるのだ。。。

世界は変えれない・・・

くぐもってしまうその胸の内を晴らすべく、先だって、とある施設に見学に行った。

介護の世界で、介護の勉強をするといつか辿り着く人が、立ち上げた施設。

わざわざ九州の大分県からはるばるその先生のいる静岡まで行った。片道約6時間、JRを乗り継ぎ乗り継ぎ、行ってきた。

そこは

僕の嫌いな老健だ。

そしてそこは、僕が思い描く世界の広がる理想郷。

一人の老人の人生に寄り添う施設。一人のためにある施設。

そんなのできっこないと、諦めている者たちに、どうだ!!と言わんばかりに見せつける。

見学して、素晴らしさに感嘆すると同時に、悔しさがこみ上げてくる。

何故、俺には出来ないんだろうか?

何故、僕には辿り着けない世界が、ここにあるんだろうか?

悔しくて悔しくて・・・自分が情けなかった。。。

先生のお話を聞いていると、丸で自分が怒られているような不甲斐なさに陥り、涙が出そうになる程、この施設が眩しかった・・・

負けたくない

勝ち負けではないが、、、負けたくない。高名な先生だから出来るとか言い訳にしたくない。でもどっかでそうも思っていた。あの先生だから実現できたんだ。。。

僕はいつも迷う

見学後、参加者と懇親会があった。とっても有意義な時間だった。先生とお話がしたかったけど、、、どうも恥ずかしくてできなかったけど、、、他の施設からやって来ている方々の話を聞いて、勇気がでた。

同じ悩みを持つ人。

同じ志を持つ人。

同じ所を目指している人。

そんな人に出会えたのはラッキーだった。いつか世界をひっくり返すぞと、世界の片隅で希望の灯火を消さずに頑張っている人々。

そんな仲間が全国にいるんだってこと。。。

また、どこかでいつか世界を変えたよ!!って喜びを分かち合いたいな!!

追伸

施設見学のツアーを組んでいただいたセミナーの方々、そして年度末でクソ忙しいのに見学をさせていただいた、高口光子先生、とても元気の出る機会を頂き感謝します。

« 落日の中で | トップページ | 怒りを通り越してしまうと・・・ »

コメント

見学ありがとうございます(^o^)/
イロイロ大変そうだけど…また"実習"のつもりで泊まり掛けで遊びに来て下さい(^m^)
私も熊本からの単身赴任でございます(^_^)v
キッといい事あるから また 会いましょうゼ( ̄ー ̄)

◇honoさん◇

お久しぶりです☆お元気ですか?
しんどいことばっかしですけど、何とか希望だけは消さずに生きています( ̄Д ̄;;

行ってきました。鶴舞の城。

自信というか、自分を見つめなおす良い機会になりました。本当は先生とお話がしたかったんですけど。。。
恥ずかしいのと、何を話すべきか分からなくて。。。


元気が出たのは間違いないですscissors

◇JUNKOさん◇

お久しぶりですhappy01
高口先生、、、バイタリティが凄いです。。。ぐいぐい引っ張っていく強さ。。。相手が何を言おうが自分の信じる道を突き進んで行く凄みを感じましたΣ( ̄ロ ̄lll)
お話を聞いていて、情熱の高さに涙ぐんでしまいましたが・・・

僕も一時期、グループほーむで勤めてました。とっても良い経験になってます。あのグループホームの経験は自分にとってはとても大きな財産になってます。。。
JUNKOさん、新たな場所で大きく飛躍してくださいpunchshine
お互いにがんばりましょうね(* ̄ー ̄*)

あ!鶴舞乃城だったhappy02

おお!いきましたかscissors鶴舞の里!
いってみたいけど、自分のやっていることに自信がなくなるのが怖いのと、職員を変えることができるのか、っていう指導力の無さに落ち込むのが怖くてなかなか行けません。でも、いつか、何人かの職員と一緒にいって、わたしのかかわる2つの施設を変えたいとおもっています。

私の施設も開設1年!まだまだこれからです。

さらば老健、のJUNKOです。
明日からグループホーム勤務スタート!!
最近、高口先生のセミナー、行きましたよ。
お話を聞いてボロボロ涙が出てきました・・・。

マーさんも新しいことを始めるのかな?

一緒に、世界を変えていきましょう!

一人じゃないよ!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/57905/28809651

この記事へのトラックバック一覧です: 自分を知るために:

« 落日の中で | トップページ | 怒りを通り越してしまうと・・・ »