介護の本

無料ブログはココログ

カテゴリー

  • 介護
  • 日記・コラム・つぶやき

« 在宅復帰を考える。。。 | トップページ | 新年 »

2008年11月18日 (火)

気づいたことがあるんだ

ちょっと気づいたことがある。

急に気付いちゃったこと・・・

僕には目指す所がある。そしてそれは独り善がりかもしれないかもしれないが、施設にとっても施設の職員にとっても、そして何よりも施設を利用しているお年寄りにとって良いことだと信じている。

高い理想かもしれない。奇麗事かもしれない。

でも曲げれない。

そこに辿り着きたい。辿り着けると思っている。

でも邪魔ばかりが入るから、中々、前に進まず眉間にシワを寄せ人を寄せ付けずに働く。何故、気付いてくれない? 何故、分かってくれない? と周りを憎んで憎んで憎んで今もなお憎んでいる。

そして

辿り着いた。

あそうか

僕はあまりにも人を憎みすぎて、自分を見ていなかったのだ。

僕は、高い理想を追うばかりで、周りにそれを目指させようとするばかりで、自分は何もしていなかった事に気付いた。

目指す目的地のスタートラインにさえも立っていないのだ。道に立っていないのだからどんなに頑張っても辿り着くはずがない。高い壁ばかりを見て、この壁を立てたのは誰だ!! と憤ってばかりで、壁を登ろうともしてなかった。そりゃ乗り越えられるはずが無いのだ。

僕は知っている。目指す場所に辿り着く方法を。

僕は分かっている。どんなに高い壁でもよじ登り超えて行く手段を。

なのに一つもやっていない。誰かに期待ばかりを寄せて、自分はその誰かの尻を叩くばかりで、その誰かが出来なければ「バカがクソが」と嘆いてばかりで。。。

自分がやっていないし、方法論も知っているくせに教えもしないで、周りが出来ないのは当たり前だ!! 周りがしないのも当たり前だ!!

バカは俺やねーか!!

自分を見つめなおすのだ。

理想に近づきたいなら、今の俺がナニをするべきか見直すのだ。ほんとに小さな事から始めないといけないな。毎日、自分からみんなに挨拶しよう。毎日、自分から声をかけよう。

そして、ちゃんと一人一人、老人と関わるのだ。一日1人で良いから、一人のお年寄りから始めよう。そしてそれを伝えるのだ。介護はこうなんだよって、そうした上で伝えるのだ。

自分がやること。

そうしなければ、理想は近づいてこない。誰かに期待をするのではなく、僕自身がちゃんと歩くこと。道しるべは持っている、迷う事もないはずなのだ。僕が歩いてまず道を作る。そして、その道を皆に歩いてもらうのだ。僕が登って登り方を示す、そして皆に登って来て貰おう。

それをしたつもりだった。つもりになってただけで、してなかった。だからだれも来れなかったんだ。僕は足跡をつけてなかったのだ。

僕の課題ができた。まずは他のひとがうんぬんではなく。自分自身がどうお年寄りと向き合い、ケアを作り出すかだ!!

やりますよ、僕は!!

« 在宅復帰を考える。。。 | トップページ | 新年 »

コメント

明けましておめでとうございます。

そうだよね・・・。振り回されてなんぼだよね。
いつも大変だった利用者さんが亡くなって思う。
この人に育てられたなぁ、鍛えられたなぁって。

介護の世界・・・施設介護の世界は変わるべき。

今年も理想を高く、頑張っていきましょう!

なかなか理想のようにいかなくて、変えていくには、本当に時間を要する事だと思います。技術的な事はまだ話を聴いてくれる事って多いと思うけど、理念っていうか、心の部分っていうのは、なかなか伝わらない。
自分もやる気が出たり、気持ちがへこんで眉間にしわを寄せたり、日々変わりながら過ごしています。
確かに誰かが変えないと、変わっていかないと思うし、人まかせでは思うようにいかないと思います。

実は、今日(正確には昨日)お年寄りを一人看取りました。スーパートランスで移乗して(介護スタッフにも教えました)毎日毎日そのお年寄りに振り回される・・
でも、それでよかったと思います。

職員はなんとなく進歩してくれたようにも思いますし、お年寄りに振り回されて、よかったなあって思えます。

理想は常に語って、ついてこれない人はやっぱ去っていく・・それでいいかなあっておもいながら、今日のスタッフの数が足らなくてばたばた!

スタッフという介護の協力者の確保が一番の悩みですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/57905/25431749

この記事へのトラックバック一覧です: 気づいたことがあるんだ:

« 在宅復帰を考える。。。 | トップページ | 新年 »