介護の本

無料ブログはココログ

カテゴリー

  • 介護
  • 日記・コラム・つぶやき

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008年6月 8日 (日)

尊さに向かう、理想と現実

修行のようなそんな日々を

仏のような心を持って、

決して怒らず、笑顔を絶やさず。

困難からも逃げ出さず、そして。。。

今日も誰かの手をさする・・・


一時期の介護人気から、昨今は福祉現場に人が足らない、、、そうだ。

介護産業のブームに乗って、介護の世界に足を踏み入れた僕は………



今から10年とちょっと前に僕は介護の門を叩いた。

超高齢化社会の到来!!  巷では介護保険制度が始まるからと、介護産業に注目が注がれ始めた時期だった。

そんなブームに乗り、年寄りの世話をするだけで飯を食っていける、出世や成績、上司や同僚の顔色を気にせず、のんびりした時間を過ごせるのではないかと、甘い意識を抱いて僕はこの世界を選んだ。

それまでの僕は、、、高校を卒業してすぐに就職。社会の厳しさに悲鳴を上げるアマちゃん小僧だった。働くのは苦しい!! 働きたくない!! 働くのは楽しくない!! こんなに働くのが苦しいのなら死んでしまいたい!! 色んな仕事をした、、、が長続きしない。。。もうダメだ、働くとどうにかなりそうだ、、、でも働かねば、、、どーすればいい?! そう考える日々。 悶々とした毎日を過ごし、死んだような目で会社に行き、ズタボロになって帰宅し、家族とも口を聞かずにすぐに眠り、、、また同じ事の繰り返し、、、助けてくれ!!

そう願い辿り着いたのが、介護の専門学校だった。

卒業するだけで資格が貰える。こんなおいしい話があるなんて!! すぐに飛びついた。学校の授業料はそれなりに高額だったが、楽して資格が貰えて、そしてこれから超高齢化社会が待っている。食いはぐれの心配はまずない。 夢みたいな話。



卒業して現場へ・・・

しばらくして死にたくなった・・・

目の前には絶望の淵で、それでも何とか生きたいとのた打ち回る老人。老人。老人。

ヒモで縛られ、自由に歩く事も起きる事も、トイレに行く事も食事をする事も、、、何も出来ずに、ただ死ぬのを待つだけ。

介護は絶望を提供する世界

教科書とは全く違う、先生の言っていた事なんて誰一人として行っていない世界。。。現実とは残酷だ。

辞めたい

そう思うのも無理はないだろう…まだ今までしてきた仕事の方が楽だと、心底思った。生き地獄を見せ付けられるのらば、どんなにつまらなくても、キツクても楽しくなくても、はるかに今までの世界の方がマシなのだから。。。





福祉の現場から人が離れているらしい。

福祉の現場から、人手が減る一番の理由は、給料の問題だそうだ。確かに、仕事の過酷さから考えれば、その報酬は割に合わない。

そりゃ、人が離れるよ、、、、、、

けど、じゃあ給料上がれば人は離れないでいるのか?

これは、、、あくまでも僕個人が、この世界で感じている事なので一概には言えないけれども、本当はみんな、、、お金じゃないんじゃない???

生き地獄を見せられて、それでもお金をくれるから、、、、って何だかなぁ・・・と言うか、どんなに給料良くても、おそらく今の介護の現場の考え方からみると、人は長くは居られないんだよ。。。

辞める理由に、「生き地獄がしんどくて辞めました」 何て、他の会社に移る時に言えないもん。。。そんな時に手っ取り早い言い訳が、給料なんだよ。「給料が安くて、、、」 何て言えば、もっともな話に聞こえるものね。

介護の世界は、人間性が問われる世界。

それに耐えれる人ってのは、やっぱりこの仕事が本当に好きでなければ無理だと思う。お年寄りの老いへの想いを汲み、何とかできないだろうか?と知恵を絞り、あーでもないこーでもないと汗をかける人が、この世界にムイている人ではないか?

なのにちょっとしたブームや、取り合えずの腰掛け感覚の連中がやって来て働いているもんだから、丸で修行にも似たこの世界で耐えれずに辞めて行くのではないか?

どーも、給料が安い!!って言う話ばかりが表沙汰になるのが気になる。確かに、給料水準は低いですよ!! それこそどこかの官僚にでもなって、暴利をむさぼりたい気分です!! で、いつも思うのが一番先に議論されてるのが、給料水準を上げろ上げろしか言わないのが、腹立つんです!! 

給料水準じゃなくて、サービス?もっと言えば介護スキルの水準を上げるべきだよ。。。生き地獄が提供される事が減り、じーちゃんばーちゃんが、長生きしてよかったぁ、生きてて良かったぁ、もっと生きていたい、あの施設に入ってみてよかったぁ、あの職員に死ぬ前に出会えてよかったぁ、って思われる世界が増えるべきなんじゃないかなぁ。。。

お年寄りはね、身を持って僕達に見せてくれてます。生きていく事、老いて行く事、それと向き合っていく事を、、、、とっても尊い仕事をさせてもらっているのだなぁと思います。介護の仕事はこんなにも幸せに満ちているって事を気付かせて上げれるようになれば、きっと人は簡単に離れたりはしない。

と格好良い事を思いながらも、もう少しお金が欲しいと思ったりする。。。せちがらい世の中ですな・・・・・・・・・

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »