介護の本

無料ブログはココログ

カテゴリー

  • 介護
  • 日記・コラム・つぶやき

« 2007年1月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年2月11日 (日)

納得いかねぇ・・・

おかしいと思わない連中が居る。。。

それが当たり前と思っている連中が居る。。。

否定的な連中が居て、保守的な連中もいる。。。

変な所ばかりに気を遣う連中が居る。

大切な所が抜けている気がしてならない。。。

我々は何のために存在しているのか・・・


会議に出席できない…

うちの施設では、17時半から会議が行われる。だいたいが簡単な連絡事項を話し合うだけで、俺は無駄な会議だと思っている。。。そんな身の無い会議をするなら、しない方が良い。8時半から働いている日勤従事者は、就業時間後に居残って参加、、、6時半からの早出従事者は、15時半に勤務が終わる為、会議の時間まで時間を潰さねばならず、、、休みの人は、よほどの急用で無い限りは参加しなければならず、その日の朝に帰った夜勤明けの人も夕方には出て来なければならない、、、

出なくて良いのは17時半に仕事をしている、遅出の職員と夜勤者だけ、、、

中身の無い話し合いに貴重な時間を取られてしまう現実に、無性に腹が立っている!!

しかも!!

最近は山ほど伝えたい事があるのだ!!

おれ自身、辞めても良いから、どーしても伝えたい事があるのである!!

なのに!!

会議に出れない・・・

会議の時にしか皆と話す機会がないから、とにかく会議の時に皆に考えてもらいたくて、言いたい事が募っているのに、会議に出れない。。。

先月は、夜勤だった。しかも、会議の日にちは変更になったにもかかわらず、変更された日も夜勤だった。。。

先々月は、遅出だった。

そのまえも遅出。。。

だいたい会議の時にしか話し合いが出来ないってのがおかしくね?たしかに、休みの人間も夜勤明けの人間も、早出も誰も彼も来れるのが会議だから、その時に決めてしまえば文句は出ないからって。。。

確かにそーだけど、、、

     じゃぁ年寄りはその時まで、待てってのか?

一ヶ月もほったらかしにされて?じーちゃん、ばーちゃんは、明日には目の前から居なくなってしまうかもしれないんだぞ!!

その時に決めてしまえば?

と思うがこれが上手く行かない。担当が居ないと決めれない・・・だそうだ。。。だから会議で決める、、、

担当が、権力持つの?

老人は、一人の職員が絶対にこーしなくちゃいけない!!  と決めないといけないの?チームアプローチって何なのさ?一人の人間が決めた事を、他の連中がすれば良い事だけなの?それが、チームケアなの?

沢山の視点で、一人の老人を支えるんじゃないの?

何の為に、あんなに大勢の有資格者が居るのよ?

納得できねー

で、思った事、、、

担当制の廃止!!

担当がケアプラン作るのではなく、全員で作る!?ってのどーよ?

担当が居なくちゃ何も出来ないなんて、馬鹿げてる。。。担当そっちのけでケアをして、勝手にしてとほざく輩は、くだらねぇー!!

毎日毎日カンファレンスして、色んな年寄り見て行こうよ!!

これ、将来の野望!!

一度、ずいぶん前の会議の時に、ミニカンファレンス毎日しませんか?って言ったら、以外に受けが良かった。。。が、結局、行われず、、、

現在は時々上がって来る事故報告書に目を通すだけになっちゃった………

これは、俺が悪いんだけどね。。。

現状の年寄り無視の状況を打破したいと意気込んでみたものの。。。

色々と言いたい事あるけれど、これを言ったらあの人の顔をつぶしちゃうんじゃ・・・とか、これをしたら、あの人のプライドを傷つけちゃうんじゃ・・・とか、、、

何て気遣いが出ちゃうもんだから。。。

優しいんですよ、以外にオイラ。皆、色んな想いで働いているんだから、何でもかんでも頭ごなしに否定、反論、指示しちゃうと、、、難しいね。人間関係って…

室井さん(踊る大捜査線)に憧れちゃうな、自分の信念を貫ける人になりたい。。。

そうそう、このミニカンファレンス。この間、とあるお年寄りの件で開いたのですが、、、

「しょうがないですよ、、、何しても無駄じゃない」

と、なってしまいました。。。

「しょうがない、、、」

それで済むなら、警察も消防も要らない。泥棒に入らても「しょうがない」 火事が起きたとしても「しょうがない」  となってしまうだろ?

てんで、とあるサイトに助けてもらって再度ミニカンファ決行!!

・・・あからさまに嫌な顔をされましたよ。。。まだ言ってんの…?みたいな顔。

そんな顔すんじゃねーーー!!

お前、担当だろうが? ここの施設は担当がやるんだろ? お前が真剣に取り組まないといけない事なんじゃろーが!!

と、怒鳴りたい所を、コラえてコラえて、、、

「もうちょっと何かさぁ…やってみらん?」 と投げかける。。。

「でもねぇ何しても無理でしょ? 家族も協力的じゃないし、、、」

だからこそだよ。そこを何とかするのが腕の見せ所じゃないか!!

「何で服捨てちゃうの?」

「そんな人でしょ?」

・・・ ・・・ ・・・

         それを言っちゃあ おしまいよ。。。

「何かないかなぁ。。。」

「無いでしょ。放置プレイです(笑)」

          ピキッ

キレるなキレるな、、、

「例えばさぁ…ゴミ箱とか?  その人専用の……」

っと、ちがーう。。。俺が具体的な方法出してどーすんの?しかも、これサイトで教えてもらった方法だし、、人の意見丸呑みじゃあ解決にならんじゃないか!!  俺はバカか、、、

「あ~。でも、そこに捨てる服出しますかねぇ……?」

そーじゃなくて、お前も真剣に考えんか!!

「だけんさぁ、この人のケースやと服を捨てるのはしょうがねぇんやろ?  でも、捨てるけんしょうがねーっち諦めたらこの人、服無くなるで?」

「うん、でもそれもしょうがないでしょ?  本人が好きで捨てるんだから、、、」

「そーやなくて、、、言いたい事わかる?  無くなったら家族が持って来るんで?家から?服を買って、、、」

「それでいいんやないんですか?」

「家族は、服を買うんで?負担なんやねん?  利用料とかそんなんで手一杯やねん? 何とかせんといけんのやねん?  うちでは出来んっち諦めてもらう?  そんな施設に入った人が悪い? 嫌なら出て行けってか???」

と心で思う。

「服を捨てるのを止めるか、捨てるのを発見するかに絞ってみようよ、、、」

「はぁ、、、じゃあゴミ箱作ってみますわ・・・」

違うんじゃっちゃ!!  そーじゃなくて、お前はどーしたら良いと思うんか?!

「他にない?」  と、突っ込んでいたら、再び嫌な顔をされまして、、「もう無理でしょ。。。」

「例えばよ、その人が買い物に行きたいんなら買い物に行かせようよ」

「でも、家族は金を出さんのですよ。この間だって服を買いたいって言うから、家族から貰ったおこずかいで服を買いに行ったら、今度からは服を買いに行く時は、行く前に知らせて下さいって苦情が出されたんですから、、、買わせるなってことでしょ?買っても捨ててすぐ無くなるから、、、だいたい家族も訳が分からんですよ、普段は電話したいって言ってもさせるなって言うくせに、服買う時は連絡しろだなんて、意味不明、、、」

       はぁ。。。   お前もう介護辞めろ!! 

どれだけ叫びたいことか!!

家族の想いも、利用者の想いも、両方  汲めるケアは出来ないのか?

俺達に限界はあるのか?

何とかできないのか?  

その為の知恵は出ないか?  



俺はおかしいのか?

こいつみたいに、クールに出来ないものは出来ない、と諦めるのが普通か?それが介護なのか?それが介護福祉士なのか?

分からねぇ、、、納得がいかねぇ。。。

「バザーできねぇ?」

「は?!」

「家の人に頼んで要らない服持ってきてもらって、それを品物にして売るってどうよ?!」

これは、俺がずっと考えていた作戦。。。家族から服を捨てるようですと聞かされた時からずーと考えて考えて、考案した作戦。。。

「服を捨ててしまって服が無いから買い物に行きたいんだろ?  買いに行こう、しかも自分の服を!!  だったら、使ったお金はまた元に戻せばお金は減らない、、、もっと、ダイナミックにすれば、他の家族とかに協力してもらって、いらない服を寄付してもらってさぁ、、、」

俺は諦めたくはねぇーんだ!!  彫り夫、分かってくれ!!  お前なら分かるだろ。。。!!

「うーん、、、それが出来れば良いけど?」

出来ればとか出来たらじゃなくて、やるんだ!!  俺とお前と二人で!!  世界を変えよう!!

「、、、家族が持ってくる服って家にある要らない服でしょ?  それを今更要らない服ってねぇ、、、それに、元々、デパートに行って高価な服買ってたみたいだから、、、何かねぇ」



ダメなのか

キミはその世界でくすぶっているだけでいいのか?

世界が変わるかもしれないのに。

本当の意味で、目の前の老人を愛せるかもしれない、その瞬間に出くわす機会を失ったのだぞ。





灯してやりたいと思う。

この仕事の本当のやりがいを!!

2007年2月 4日 (日)

何も言えなくて、、、

イライラの日々が募る。。。

周りの職員の、いちいちが気に障る。。。

(どーしてなんか?!)

(何でそんなやり方になるんか?!)

(もっと、他にやることねーんか?!)

悶々とした毎日が繰り返される。。。

もう我慢できん!!

会議の時に、言っちゃる!!と、次の会議の日の自分の勤務表を見ると、夜勤。。。

先月は遅出。。。その前も夜勤で出れなくて、、、その前は、参加者少なくて伝えたい人に伝えれなかった。。。

今月は、老健大会の発表の件があるから、参加者も多くて、絶好の日だったのに、、、

避けられてるのか?

俺が、色々と思っているのを勘付いたか?

被害妄想なオイラ…


先日、監査なるものがあった。

毎年、この監査には意味があるのか?と、思ってしまう。

監査って、日頃の行いがどーなってるか調べる訳ですよね?

何月何日の何時に監査に行きますと、わざわざ知らせてくれる意味は何だ?

コーヒー準備しとけってことか?

前もって言ってくれるのは有り難いが、この事前通達は、監査の本当の狙いを曇らせてる気がしてならない、、、

いついつに監査が来るから、書類をちゃんと揃えろ!!と、目くじらを立てる施設トップ。。。

記録はどーなってるのか!!と、躍起になる幹部、、、

監査が来る前に、監査委員が見るものを揃えておく訳です。現場の下っ端はたまったもんじゃありませんよ、、、中には、聞いた事もない、見た事もない資料を作れと言う事だってあるのです、、、

書類はいいですよ。。。百歩譲ります。。。法律で定められた書類なのだから、これぐらいは頑張って綺麗に抜けが無いように、一通り揃えます。。。

が!!

我慢ならんことがある訳です!!

くだらない粗探しじゃなくて、その施設の質を調べて欲しいわけさ!!

むかーし、前に務めていた老健で監査が来ると言うので、これはちょうど良い、この機会に監査委員の方にキツク御指導願おうと、普段通りベッド柵を四本付けたら、「あんた!!何してるの!!監査がくるでしょ!!」と、リーダーに怒鳴られた事がありました。

監査の為に柵を外すのか?!

老人の為ではないのか?

普段、柵を外すしてお年寄りを起こそうとすると「歩いて危ないでしょ!!」と怒鳴るくせに?!

こんな事がありました。

つなぎ服を着せていたら。「監査が終わるまでは着せないで」

「は?!」

終わるまでって何?!  死ぬまで着たくねぇんじゃねーの?老人は?

監査の間だけが、老人は当たり前の生活に戻れる時間でした。

監査が終わると、車椅子を自走する老人は、柱の手摺にハンドルを縛られ動けなくさせられ、オムツを履いている老人は、つなぎ服を着せられ、ベッドから降りようとする老人は、柵の中へ閉じ込められていきました。

トイレに行きたいと言うお年寄りは、監査の間はトイレへ連れて行ってもらえますが、終わった途端に、オムツに出せと言われます。

監査って何だ?

いつも考えます。。。

何の為にあるのだろう?

今年の監査でも、似たような事がありました。

もっと酷いですよ。。。

今、務めている老健は完全四本柵です。その内の一本はサイドバーが開閉式になっています、、、で、四本柵にしたらそのサイドバーを開けと言います。バーが閉じていると囲んでいるから抑制になるので、、、と言う変な理屈。。。囲んでいるのと何ら変わらないと思うのですが、、、

で、今回の監査では柵はいつも通り四本柵で、バーを開放しておりました。何か指摘を受けたかと言うと、何も受けませんでした。。。。

???

開放してたから?

あの三十センチにも満たない開放口から、老人が一人で降りれると思ったから?どんな視点だ?

後日、質疑応答の結果を見て、ダメだこりゃ。。と思ってしまいました。。。

監査委員 = 「身体抑制はしてませんか」

施設    = 「ゼロです」

うそー!!

しかも、それに対しての監査側のコメントはなし。。。

監査委員 = 「抑制の同意書はありますか」 

施設    = 「準備しています」

書いている所を見たことはないし。。。ゼロと言ってるから書く事はないか、、、

書類があれば、抑制オッケーってこと?

何だそりゃ???

監査ってくだらねぇー!!

結局は、法律に触れてなければ、老人は苦しんでも良いって事かよ?!

監査ってそんな為にあるのかよ!!

俺が、必死で柵を外し、四苦八苦しながら、オムツを外している事は、無駄なのか?!



監査のせいで、老人を閉じ込める連中ばかりが、増える。。。

そう思うのは俺だけか?!

俺は、あきらめねぇ!!

今度の会議こそは、ぜってぇ出る!

このままでは、この施設は、ただの姥捨て山になってしまう。老人収容所になってしまう。

嫌だ!!

目の前にいるジーちゃんバーちゃんが、自分に見える。

怖い。怖くて溜まらない。



ホームページへ戻る=護るひと

« 2007年1月 | トップページ | 2007年5月 »