介護の本

無料ブログはココログ

カテゴリー

  • 介護
  • 日記・コラム・つぶやき

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月14日 (木)

くたばれ!! 介護保険!!

暑い日々が過ぎ、過ごしやすくなってきた。夏場は、暑くて何をするのも面倒だった。もともと面倒臭がりなのに、それに輪をかけてだから・・・

試験勉強をしようにも、暑く暑くてその気になりませんよ。と、暑い夏を言い訳にしてみたり。。。

今年もケアマネに挑戦です。

昨年は、初めて受けて見事におちまして。。。

今年こそはと、意気込んではみたものの。。。

暑いので、、、

しかし、ケアマネってのは必要なんだろうか?

僕の知ってる限りでは、ほとんど現場に顔を出してる気配はないし。。。誰がケアマネなのか?と思う始末。

まぁ、介護が必要な方のお家に出向いて行く仕事なので、施設で働いている僕と縁のある職業ではないよな・・・

しかし、その施設にほとんどいなくて、毎日の施設生活のほとんどを知りもしないこのケアマネが何故か、カンファレンスなんかの時にはいたりして、意見を言うのには驚いたりする。。。

こっちは、何とか利用者との関係を結ばなければならんのに、それを飛び越えての発言が出た日にゃあ、やってられませんな、、、

普段のお年寄りの行動や、言動、表情、etc...を観察し、時には直接質問したりして、今、恐らくこの方に必要なアプローチはこれだろうと考え、提案してみても、いやいやこの方はこう言う方でこのやり方よりも、こうの方がいい。

なんて、あっさりと言われてしまう。

もちろん、その意見がその利用者にあってるんであれば、俺だってそれの方がいいさね。なんも文句もなく、逆にその提案ができる人を尊敬するさね。

けど、あまりにも短絡的で画一的。子供だまし的な発想。それで、目の前のお年寄りの目が輝くのか?と疑問に思ってしまう。

でもね、この方は今こう言う状態で、こうなんです。だからこうやってみて、この状態を改善してみたいんです。毎日が楽しくなるように。。。

でもね、この方はこう言う人だから、それよりもこっちの方があってる。

はぁ・・・

介護職ってのは、ある意味凄いと思うのは、そう言う自分とは違う意見を上手く受け入れれる所だ。

よし、じゃあこれとこれをこう言う風に組み合わせてって。。。また別の物を作り上げていく。

釈然としないが、それでも目の前の老人の目を輝かせる為に、あらやる方法を探りだし、結び付けていく。それが介護の醍醐味だったりするし。。。

しかし、ケアマネってのはそれ程必要とされてるんか?

いまいち、良く分からん。。。

特に、施設にはいらんのやないんか?

居て何をするんやろうか?

在宅との連絡調整?ソーシャルがするやろ?

ケアプランの作成?

それは、今、ケアマネやない俺もやりよる。。。

ほんなら、ケアマネは何をするんや?

オムツ換えたり、トイレ誘導したり?まさか、机にふんぞり返ってコーヒーばかりってのはないよな。。。

それなら、ケアマネの資格いらんよ。他の職員と同じなわけじゃん?施設にケアマネって必要なのだろうか。。。

あまりメリットが見つからないが、何故かケアマネは、重宝される。ケアマネってだけで、ありがたがられる。

たいしたもんだよ蛙のションベン。見上げたもんだよヤネ屋のふんどし。

そんなんで、今年もケアマネの受かるべく試験勉強をしているが、、、

今年は何と法律の改正があったもんだから、去年と同じ所があれば違ってたりで、まぁ、難しい。。。

この当たり所のない怒りはどこにぶつけるか。。。

くたばれ介護保険制度!!

2006年9月 9日 (土)

なんかえぇ

色々書いたに、消えた!!

くそが!!

くそこころぐ!!

今日は、もう書かん!!

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »